BÖWE SYSTEC GmbHドイツ本社 プレスリリース

ベーヴェシステックジャパン株式会社

BÖWE SYSTEC GmbHドイツ本社 プレスリリース

2019年3月1日

英国のソフトウェア会社Red Ledgeの過半数株式を取得

2019/02/27

 BÖWE SYSTEC GmbHは自動仕分けソリューションのサプライヤーとしての地位を強化するため、英国のYorkshireを拠点とするRed Ledge社の過半数のシェアを獲得しました。



Software as the driving force


BÖWE SYSTEC has today signed an agreement to take a majority stake in Red Ledge, a software company based in the UK. From March Red Ledge will officially become a part of the BÖWE SYSTEC Group.

 

Red Ledge was founded in 1996 and is based in Yorkshire, UK. As an established software company, Red Ledge has specialized in Auto-ID solutions and its barcode, RFID, voice and sensor technologies are used successfully around the world in post and parcel sorting centers, warehouses and production facilities.

Red Ledge’s core expertise includes competitive software platforms such as Warehouse Management Systems (WMS), Warehouse Control Systems (WCS) and serialization solutions.

 

The acquisition of Red Ledge is an important milestone for BÖWE SYSTEC as a leading supplier of smart automation solutions. “As a ‘one-stop-shop’ we want to be the first port of call for all our customers’ intralogistics requirements“, stresses Joachim Koschier, Managing Director of BÖWE SYSTEC. “They should be able to source everything from us that they need to optimize their parcel sorting center and their internal processes. From goods receiving to goods out—everything from one supplier. The acquisition of Red Ledge was therefore a logical step and is a cornerstone of our corporate strategy.”

 

“Our recipe for success is that we listen to what our customers need. With Red Ledge by our side not only can we supply the hardware, which is of course important and essential, but also the software that intelligently knits everything together. Red Ledge’s Warehouse Management System (WMS) and Warehouse Control System (WCS) mean that we can offer our sorting customers substantial added value”, comments BÖWE SYSTEC Managing Director Dirk Van Vinckenroye.

 

Alan Wilcockson and Andy O‘Donnell, Red Ledge’s joint Managing Directors, also see tremendous potential in the merger. “We are a leading supplier of Auto-ID solutions and our systems allow us to control all aspects of intralogistics highly efficiently“, explains Alan Wilcockson. Andy O’Donnell adds: “At Red Ledge we are involved in strongly growing and global markets. Working with BÖWE SYSTEC, we will in future be able to undertake additional projects in the parcel and intralogistics market in particular. We see the merger as a win-win for both companies and we look forward to working together.”

 

以下、本文訳


 BÖWESYSTECは本日、英国を拠点とするソフトウェア会社、Red Ledgeの過半数株式を取得する契約を締結。 3月からRed Ledgeは正式にBÖWESYSTEC グループの一員となる。


Red Ledgeは1996年、英国のYorkshire で設立。 

Auto-ID-Solutions(自動認識装置)を専門としており、郵便や小包の仕分けセンター、倉庫、生産施設等、そのバーコード、RFID、音声およびセンサー技術は世界中で使用されている。また、倉庫管理システム(WMS)、倉庫制御システム(WCS)、およびシリアライゼーションソリューションのような競争力のあるソフトウェアプラットフォームについても、同社のコア技術の一つである。


スマートオートメーションソリューションの大手サプライヤーを目指すBÖWESYSTECにとってRed Ledgeの買収が重要なマイルストーンになることは間違いない。BÖWESYSTECの代表取締役Joachim Koschier氏は、次のように述べている。「『one-stop-shop』として、すべてのお客様のイントラロジスティクスの要求に応えられるサプライヤーを目指します。仕分けセンターとその内部プロセスを最適化するために必要なもの、入庫から出庫までのすべてを、一つのサプライヤーBÖWESYSTECから調達することを可能にします。そのためにはRed Ledgeの買収は、当社にとって必然であり、また、これからの企業戦略の礎を築くための重要なステップでした。」


「成功の秘訣は、お客様が何を必要としているか耳を傾けることだと思います。私たちのRed Ledgeを使えば、もちろん重要で不可欠であるハードウェアの供給だけでなく、インテリジェントなソフトウェアも包括的に提供することが可能です。Red Ledgeの倉庫管理システム(WMS)と倉庫制御システム(WCS)は、ご満足いただける付加価値として、私たちのお客様に自信をもって提供いたします。」と、BÖWESYSTEC代表取締役Dirk Van Vinckenroye氏は言う。


Red Ledge社の共同マネージングディレクターであるAlan Wilcockson氏とAndy O`Donnell氏もまた、この合併には大きな可能性があると考える。「私たちはAuto-ID-Solutions(自動認識装置)の大手サプライヤーであり、私たちのシステムはイントラロジスティクスのあらゆる側面を非常に効率的に制御することを可能にしています。」とAlan Wilcockson氏。また、Andy O’Donnell氏は次のように付け加えた。「私たちRed Ledgeは今、成長著しいグローバル市場の渦中にいます。 BÖWESYSTECと連携することで、これからますます、特に小包と物流市場でより多くのプロジェクトを引き受けることになるでしょう。 この合併は両社お互いにとって有利なものであると思います。共に取り組んでいくことが楽しみです。」


以上

お問い合わせ

〒160-0023
東京都新宿区西新宿8-14-24
西新宿KFビル1F
TEL:03-5925-6280(代表)
FAX:03-5925-6292

機器修理受付・
技術お問い合わせ
専用フリーダイヤル
0120-020-896
0120-722-520
平日9:00-17:00受付
カタログ ダウンロード