プレスリリース 「リューベックに拠点を置くポセールグループは、2016年度に記録的な業績を遂げた」

ベーヴェシステックジャパン株式会社

プレスリリース 「リューベックに拠点を置くポセールグループは、2016年度に記録的な業績を遂げた」

2017年2月23日

プレスリリース 2017年2月7日


<プレスリリースの要旨>

  • グループの売上高は10%増の39億ユーロ
  • 税引前利益(EBT)は2.42億ユーロの大幅増
  • 飛躍的増益は経常的利益の増加に加え事業売却による非経常的利益に基づく
  • 資本比率及び財務状況はさらに改善

2016年度はポセールの169年の歴史の中でも最も成功した年だった。

リューベックに拠点を置くコングロマリットは、売上高と利益の両面で、前年度の非常に好調な数字をさらに上回る業績を遂げた。

 

会計監査終了前の暫定値では、連結売上高は約10%増の39億ユーロとなった。 貴少金属の価格が上昇した結果、貴少金属リサイクル事業は売上高の増加に大きく貢献した。 これを除けば、数々の経済的不安定要素を抱え低調なグローバルの市場環境の中でも、グループは堅調な売上高を保った。

 

グループの税引前利益(EBT)は50%以上の増加で、過去最高の2.42億ユーロに達した。 この飛躍的な利益の増加は、各事業部門の業績の改善に加え、事業売却による非経常的利益、特にチップカード業界に供給しているスマートカードビジネスの売却益に因る。貴少金属事業の利益及び非経常的利益調整後のEBITマージン(税及び利息控除前利益)は約7%であり、これは前年度並みだった。

 

ポセールのウーヴェ・リューダースCEOは、2016年度の決算に非常に満足している。

「私たちは売上高および利益で新たな高みに到達しました。 これは全従業員が懸命に働いた結果であり、私はみんなと一緒にこの結果を達成したことを非常に誇りに思っています。 私たちの8つの異なる事業部門すべては財政的に安定し、かつ前向きな発展を継続しました。 私たちはこの経済的成功によって、既存事業セグメントの更なる拡大や新規事業の買収への基盤を獲得したのです。」と語った。


前年度と同様に、すべての事業部門は利益を計上した。

特に、ポセールが過去に重点的に投資した建設事業が好調な発展を遂げ、年間売上高は約3.2億ユーロと、現在はポセールグループの支柱となっている。

 その他の事業部門もまた、堅調な業績を遂げた。特に洗浄機事業(Hako)と、タイヤ産業用弾性率計プラント(Harburg-Freudenberger)は、 売上高はわずかながら減少したものの、前年度の良好な業績を維持し、改善させた。エレクトロニクス部門はスマートカード事業の売却によって売上高が減少したが、業務の改善によってその多くを補うことに成功した。


アウグスブルクに本拠を置く印刷機部門(Manroland web systems) 及びドキュメントマネジメントシステム部門(BOWE Systec)は、利益率を大幅に改善し、事業の持続可能性を証明した。BOWE Systecはさらに、オランダのOptimus Sorter社を買収し、将来性のある物流およびe-Commerce分野への投資を行った。

 

独立系中小企業部門は過去数年間に2桁の成長率を遂げ、3億ユーロを超える売上高を記録した。 2016年は、主にARBAプロセシング事業の買収により、売上高は20%増加した。

 

収益指標の改善に伴い、グループの財務指標についてもさらに改善された。 自己資本比率は54.3%に上昇し、利用可能純流動資産(Available Net Liquidity)は過去最高の3.52億ユーロとなった。 

「この非常に多額の資金をポセールの未来のために慎重に投資するのが私たち目標です。私たちは、 低利あるいはマイナス金利の預金に軽々しく委ねるつもりはありません。私たちは持続可能で収益性の高い事業を通じて将来にわたって成長を続ける覚悟です。」とウーヴェ・ューダース氏は将来の見通しを語った。

お問い合わせ

〒160-0023
東京都新宿区西新宿8-14-24
西新宿KFビル1F
TEL:03-5925-6280(代表)
FAX:03-5925-6292

機器修理受付・
技術お問い合わせ
専用フリーダイヤル
0120-020-896
0120-722-520
平日9:00-17:00受付
カタログ ダウンロード